あじさいの季節に

なりましたね。

 

それと

同時に蚊も出現し始めました。

 

蚊はいつの間にか

家の中に入ってるんですよね。

 

庭にでると

すぐ刺されてしまうので

油断できません。

 

そこで

蚊が嫌いなハーブを

調べてみたところありました。

 

このハーブを庭に植えたり

鉢寄せを置いておくと

効果がありますよ。

 

今回は

蚊の苦手なハーブと

オーガニックの虫よけスプレー

についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

蚊のこない庭にはハーブ対策&オーガニック虫よけスプレーの作り方

蚊の嫌いなハーブとは?

蚊に効果があると言われているハーブは

ゼラニウム

レモングラス

ニーム

バジル

等があげられます。

 

その他

私が気になったのは

蚊対策に特化したハーブ

蚊連草(かれんそう)です。

 

遺伝学者ファンリーニ氏が

長年の実験的異種交配により

シトロネラ草と

ゼラニウムを

遺伝子レベルで掛け合わせて

研究開発した植物なんだそうです。

出典https://www.engei.net

 

秘密はその「香り」にあります。

蚊連草に含まれる

「シトロネラール」は

蚊に対する忌避効果と

蚊の二酸化炭素察知能力を

低下させる効果があります。

 

新芽の香り

蚊よけの成分があり

適度なところで剪定し、

いつも下から新芽が

出ている状態にします

 

葉の枚数が多いほど

香りも強くなりますよ。

 

蚊のこない庭にはハーブ対策&オーガニック虫よけスプレーの作り方

蚊の嫌いなアロマ

植物の花や葉、種子などから

抽出した精油。

虫が嫌がる香りを持つため

防虫に使えます。

 

代表的な香りは

ゼラニウム

レモンユーカリ

レモングラス

シトロネラ

です。

 

これらを

アロマライトや

デフューザーで香らせます。

タオルに

エッセンシャルオイルを数滴垂らして、

窓辺に引っ掛けて置くのも有効です。

蚊よけスプレーの作り方

では蚊よけスプレーの作り方をご紹介します。

☐準備するもの

・スプレー容器(50ml)  1つ

・虫除け効果のあるアロマオイル(精油) 10滴

※子供用、敏感肌の方 1〜5滴以内

・無水エタノール 5ml

※アルコールに弱い方は、ホホバオイルを使いましょう。

・精製水 45ml ミネラルウォーターでもOKです。

 

☐作り方

1. スプレー容器に無水エタノールを入れる。

2. アロマオイルを加え、軽く容器を振って混ぜる。

3. 精製水を加え、ふたをしめてよく混ぜる。

 

☐使い方のポイント

  • スプレーする前に容器をよく振ってください。
  • 香りに効果がありますので、こまめにスプレーしてください。
  • 小さなお子さんの場合は、ベビーカーやタオル、洋服など皮膚に直接触れない部分にスプレーしてあげましょう。

☐注意点

  • 防腐剤や保存料が入っていないので、冷暗所で保管し、2週間を目安に早めに使い切るようにしましょう。
  • 肌の弱い人は必ずパッチテストをしてから使いましょう。 肌に合わない場合は使用を中止してください。

【参照https://aromalifestyle.tokyo】

★妊娠されている方も

使用できない精油が

ありますので

良く確認されてみてくださいね。

参考:http://www.aroma-time.com/aroma/maternity.html




こちらは虫よけとUV対策1本で2つの効果があります!

 

蚊のこない庭にはハーブ対策&オーガニック虫よけスプレーの作り方

まとめ

蚊は水にしか卵を

産むことができませんので

ハーブやアロマ対策に加え

庭のまわりの水溜まりを

なくすことで

更に、

庭にいる蚊を圧倒的に

減らすことができますよ。

 

ハーブ、アロマも

是非お試しください!

お役に立ったと思えた方は、以下のブログランキングのバナーを
ポチッとして頂けると嬉しいです。

target=”_blank
にほんブログ村



虫よけはイカリジンがおすすめ小さな子供OK安全で虫よけ効果大

ゴキブリ対策アロマで効果有り!アロマスプレーの作り方他コバエ対策