頻繁に着るワイシャツやブラウス。

 

襟やそで口、毎回洗濯しているのに

いつの間にか、落ちない汚れが 染みついていることありませんか?

 

この汚れ、温度と湿度が高いこの時期は

洗濯しても 4日目位から黄ばんでくるので要注意です。

 

洗い方や洗剤の種類にもよりますが、

汚れの2~4割ほどが、繊維の中に残ってしまうようなんです。

 

特に襟やそで口は、肌に触れやすく

着用して洗濯を繰り返すことでも、皮脂汚れが徐々に蓄積していきます。

 

それが段々と酸化して黄ばみとなります。

 

今回は、そんな酸化してしまったしつこい汚れを落とす方法や

その対策法までご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

襟袖の汚れを落とす裏技5選!長年の黄ばみも真っ白 汚れ対策法も

第一段階 軽度の黄ばみ

では早速洗い方です。

第1段階、最初に基本的な手順をご紹介します。

 

40度程の温水にシャツをつけます。

☆必ず温度は40~60℃を使用してください。

 

②固形石鹸、もしくは台所用洗剤で もみ洗いをします。

☆素材によっては、揉まずに歯ブラシでこすります。

 

汚れが落ちていたら、洗濯機で脱水をして干します。

 

☆下記のウタマロ石鹸等は良く落ちますが替わりに

台所洗剤やクレンジグオイルも効果的です。

 

 

襟袖の汚れを落とす裏技5選!長年の黄ばみも真っ白 汚れ対策法も

第2段階 酸素系漂白剤を使う

酸素系漂白剤

まだ汚れが残っている場合は

40度程の温水に、酸素系漂白剤を規定量  入れて浸け置きします。

 

④これでも、落ちていなければ、黄ばみ部分に歯ブラシや筆で 酸素系漂白剤を塗ります。

☆使う漂白剤は、酸素系漂白剤です。

 

この酵素系漂白剤に、重曹をプラスした良く落ちる方法もあります。

念のため白シャツだけに お試しくださいね。

ぬるま湯に溶かした 酸素系漂白剤と重曹が2:1の割合になるように混ぜ、

汚れの部分に古い歯ブラシなどで塗ります。

 

⑤アイロンのスチームをあてます。

※生地に直接アイロンをあてないでください。

汚れが浮き出てきますので、その後通常通り洗濯洗剤を使って洗濯します。

 

熱を使わない方法

試してガッテンで紹介されていた方法では

④の段階で、次の混ぜ合わせたものを塗ります。

①以下の分量で、混ぜ合わせたモノを作ります。

・台所用洗剤(濃縮タイプ)

大さじ1(通常タイプの場合は大さじ2)

・酸素系漂白剤(粉末タイプ) 大さじ半分

・水 大さじ2

・洗濯洗剤 適量

 

②1分程つけておく。(汚れに応じて時間は調整します)

③その後、洗濯洗剤を使って、通常どおりに洗濯を行います。

☆以下、注意点です。

※分量は守ってください。

※すすぎは十分に行ってください。

※台所用洗剤の種類によって、効果は異なります。

研磨剤入りのものはオススメしません。

※ウール・シルク・金属繊維には、粉末タイプの漂白剤は使えません。

液体タイプの漂白剤をお使いください。

(漂白剤の「使用上の注意」で確認してください)

※液の作り置きは効果が薄れ、また密閉容器に保存すると破裂する恐れがあるので、やめてください。

 

着るたびに、通常の洗濯をしていれば、この方法は3ヶ月に1回程度、

もしくは衣替えの前に行えばOKです!

 

襟袖の汚れを落とす裏技5選!長年の黄ばみも真っ白 汚れ対策法も

ナチュラルクリーニングでしっかり落とす

セスキ炭酸ソーダ

アルカリウォッシュの、セスキ炭酸ソーダを使った方法です。

アルカリ性ですが強すぎず、

洗浄力はあり手荒れしにくく、ニオイもとることができます。

①セスキ炭酸ソーダ水を作ります。

・水500ml

・セスキ炭酸ソーダ 小さじ1

スプレー容器に混ぜ入れます。

 

②汚れている部分に吹きかけ20分置いて、手で軽くもみます。

後は通常通り洗います。

 

重曹+クエン酸で落とす方法

重曹(アルカリ性)と、酸性(クエン酸)の中和作用で発泡効果を利用します。

①水250mlと重曹小さじ1くらいを

古い歯ブラシで汚れた部分に塗ります。

 

②水100mlにクエン酸小さじ1/2を混ぜたものを、スプレーで吹きかけます。

シュワシュワ発砲しながら、汚れを分解し始めますので 後は通常通り洗います。

 

襟袖の汚れを落とす裏技5選!長年の黄ばみも真っ白 汚れ対策法も

汚れ対策

べビーパウダーを塗る

赤ちゃん用としてよく使われるベビーパウダー。

肌に優しく、汗や油を吸収してくれます。

 

これを、洗い上がったワイシャツやブラウスの襟やそで口に軽く塗ります。

皮脂汚れを防止してくれると共に、 洗濯時に汚れが落ちやすくなります。

 

のりでコーティング

アイロンがけ時に使うスプレータイプののりを、襟やそで口の部分に塗ります。

 

汚れガードテープを貼る

襟の部分に専用のテープを貼り、汚れが直接つくのを防止します。

コートなどあまり頻繁に洗わない衣類にオススメです。

 

襟袖の汚れを落とす裏技5選!長年の黄ばみも真っ白 汚れ対策法も

まとめ

いろんな方法がありますよね。

まずは、お家にあるもので、試してみるのもいいかもしれません。

 

素材や柄物には、注意が必要ですので

漂白剤の種類や時間、分量は裏書きも良くご確認くださいね。

 

あと、首元等、皮脂がでやすいところは、コマメに拭いたりし

髪のオイルやワックス等の油分がつく場合もありますので、

つかないよう結んだりするといいですよ。

 

汚れが蓄積される前の状態でしたら、シャンプーで洗うのもオススメです!

 

お役に立ったと思えた方は、以下のブログランキングのバナーを
ポチッとして頂けると嬉しいです。

target=”_blank
にほんブログ村