神社で七五三をする場合、

ご祈祷のお礼としてのし袋には、

「初穂料」や「玉串料」と、書いてお渡しします。

 

もし、お寺にお参りに行かれる場合は、

お寺へのお礼は「御布施」や「御祈祷料」。

日本には、イロイロと、しきたりがありますよね。

 

今回は、七五三の時の、のし袋を準備する際に、

あれどうすんだろう?と、確認しておきたいことをまとめました。

お包みの金額・相場などにもご参考ください!

 

 

スポンサーリンク

七五三初穂料読み方 ふたり一緒の時・中袋書き方や中袋がない時・新札?

初穂料とは

七五三のお参りで、神社で成長の祈願やお礼をするのですが、

その際に、お供えするのし袋には、

一般的に「初穂料」と記入します。

初穂料は「はつほりょう」と読みます。

 

初穂の意味は、初めて収穫された稲穂のことです。

昔から、その年に初めて収穫された稲穂・野菜・果物、初ものの魚などを

神前にお供えして収穫と豊作を神様に感謝する習慣があります。

この風習がもともとの起源と、されています。

 

初穂、初物は神様にお供えし感謝の気持ちを表すのですが、

生産者でない場合や、季節がずれると初穂・初物は手に入りませんよね。

そこで初穂・初物の代わりとして「お金」が、神様にお供えされるようになります。

そこから、神前にお供えする金銭を「初穂料」と呼ばれるようになったそうですよ。

 

  • 初穂料とは初穂・初物に代わるもの
  • 初穂料とは神様にお供えするもの

 

七五三初穂料読み方 ふたり一緒の時・中袋書き方や中袋がない時・新札?

玉串料とは

「玉串料」は「玉串」の代わりです。

「玉串」とは榊(さかき)の枝に紙垂(しで)をつけたものです。

出典 http://oonominato.or.jp/knowledge

初穂・初物と同様に、神様にお供えする玉串を用意できない代わりに

「お金」をお供えすることになってきます。

玉串も「ご神前にお供えするもの」という意味から、

神前にお供えするものを「玉串料」と呼ぶようになりました。

 

  • 玉串料は玉串に代わるもの
  • 玉串料とは神様にお供えするもの

 

 

神社での七五三では、「初穂料」「御初穂料」「玉串料」「御礼」のどれを書いてもOKです。

 

初穂料は、交通安全祈願、厄除祈願、安産祈願、初宮詣、七五三詣など神社で執り行うすべての祭事で使えます。

また御守や御札などの授与品など、受ける際にも使用されます。

唯一、使用を控えるべき場面は、神道式のお葬式の時だけです。

お葬式には「玉串料」または「御榊料」などを用います。

 

「初穂料」は感謝を表す時に使われますので、

七五三では 良く使われています。

 

七五三初穂料読み方 ふたり一緒の時・中袋書き方や中袋がない時・新札?

初穂料の相場

一般的には、七五三の初穂料は、

1人5,000~10,000円が相場と言われています。

神社によって、金額が決まっているところもあれば、

お気持ちでと言われるところもあったり、

きょうだい2人の時は、割引される神社もあります。

予約の際などに、お参りされるところに、問い合わせておくといいですね。

 

神社やお寺のHPにも、載っている場合がありますので、

チェックしておきましょう!

 

七五三初穂料・玉串料どっち?お包みの相場やのし袋の書き方のコツ

のし袋の書き方

出典 https://e-concern.com

七五三の初穂料で使うのし袋は、

「蝶結び」と言われるのし袋を使います。

この「蝶結び」は、結び目を何度でも簡単に

結び直せることから、何度起きても良いお祝い事に使用します。

 

出典 https://eminews.jp/?p=2480

のし袋の表書きには、神社の場合は「御初穂料」「初穂料」、

もしくは「玉串料」と書きます。

お寺へのお礼は「御布施」や「御祈祷料」ですね。

 

下の部分にはお子様の名前をフルネームで書きます。

地域によっては名前の左側に三歳・五歳・七歳と、

年齢を書く場合もあります。

 

出典 https://windypost.com/753_money/

きょうだい二人が一緒にお参りをする場合には、

一人一包みにされるか、連名になります。

 

中袋の書き方

出典 https://sk-imedia.com/753hatuhoryou-2840.html

のし袋には、お金を入れる中袋がついてあります。

表面には金額、

裏面には、郵便番号、住所と氏名を記入します。

 

金額の数字は、漢数字でも大字でもどちらでも構いません。

中袋によっては、裏側の左下に金額をかくところがあったりしますので

その場合は、裏のみに金額を記入してくださいね。

出典 https://windypost.com

 

もし中袋が付いていない場合、

無地の懐紙でお札を挟んでいれるといいですよ。

その際は何も書かなくても、大丈夫です。

そしてお札はよほどシワシワでなければ、新札でなくても良いですよ。

 

コチラもチェック懐紙の使い方茶道でも日常でも使い方たくさん!書く・拭く・包む

 

 

のし袋の閉じ方

出典 https://marthanew.com/archives/2777.html

慶事の場合には、のし袋の下側の折が上になるように折り重ねます。

七五三のお参りは、慶事なので左図のように

下側の折が上になるように折り重ねます。

 

筆ペンについて

筆ペンを使うのが一般的です。

こちらの筆ペンが書きやすくて、オススメですよ。

カートリッジ式で便利です。

 

コチラもチェック七五三はスタジオアリスでお得に写真撮影 必見裏技6選 満足度UP