暑い日でも子供は元気ですよね。

 

元気なのは良いことなのですが

その分、夏は熱中症に注意が必要ですね。

 

大人に比べて子どもは、

体温の調節機能が発達していないため、

環境の温度変化に影響されやすいんです。

 

良く動くので体温はあがるのですが

汗をかく能力が低いので、

熱中症になりやすいと考えられています。

 

可愛い子供を守るのは大人の役目。

今回は子供を暑さから守る5つのポイントと

熱中症予防グッズをご紹介いたします。

スポンサーリンク

熱中症対策 子供を暑さから守る5つのポイント 熱中症予防グッズは

熱中症とは?

人の体は、37度以下で

一定にコントロールされています。

 

体温調節機能と言われていますが

夏場など暑い時には汗をかくことで、

体の表面から汗を放出し、

体温を37度前後に保とうとするんです。

 

暑さや、運動によって体内で熱がつくり出されると、

体温が一定に保てなくなり、

どんどん体温が上昇します。

この状態が続くことが熱中症です。

 

その結果、意識障害やけいれん、

頭痛、めまい、手足のしびれ、

筋肉の痛み、血圧低下、

肝臓や腎臓の障害などの症状が起こり、

ひどい場合は、死に至ることもあります。

 

熱中症対策 子供を暑さから守る5つのポイント 熱中症予防グッズは

なぜ子供は熱中症になりやすいの?

子どもは大人より熱を溜め込みやすい体質です。

具体的に6つの理由があげられます。

 

・大人に比べて熱を体内で作りやすい

・暑い環境下では熱を吸収しやすい

・体が大人よりも小さく血液の量が少ないため

手足まで広がっていきづらい

・汗腺が未発達で、体温調節がうまくできない

・のどが渇いても上手に伝えることができない

・暑さへの順応に時間がかかる

 

熱中症対策 子供を暑さから守る6つのポイント 熱中症予防グッズは

子供の熱中症対策

普段から体調管理に気を付ける

栄養バランスの取れた食事と

十分な睡眠による体力づくりが重要です。

 

体の免疫力が下がっていると、

熱中症にかかりやすくなります。

 

こまめな水分補給を忘れずに

脱水症状の予防がもっとも重要な

熱中症対策になります。

こまめな水分補給を

忘れないようにすることが大切です。

 

子どもは遊びに夢中になると、

水分補給を忘れてしまいがちなので

大人がしっかりと気にかける必要がありますね。

 

水分補給には利尿作用の少ない

「麦茶」や「そば茶」がおすすめ。

 

緑茶には利尿作用があるので

摂取した以上に

水分が失われる可能性があります。

 

帽子で直射日光を避ける

日頃から暑さに慣れさせることも必要ですが

直射日光は子供の熱中症の

大きな原因のひとつです。

 

子どもには帽子は必須。

頭部に日光が直接あたることを

避けることが重要になってきます。

 

子どもはすぐに帽子を脱いでしまうので

帽子が頭を守ってくれているこ丁寧に教えて

納得させてあげてくださいね。

 

暑い日のお出掛けのときには

帽子を被るという習慣が大切です。

 

風通しのよい服装をする

熱が体内にこもることが

熱中症のそもそもの原因です。

 

着衣が汗で肌にくっつくと、

汗の蒸発を妨げ放熱の邪魔になるので、

速乾性の肌着高いインナーがおすすめです。

 

風通しのよい服で

体温調節が効くようにすることが大切です。

 

エアコンを使用する

暑い日にはエアコンを使用しましょう。

エアコンの風は直接当たらないように

気をつけてあげてください。

 

顔色・汗のかき方を観察

赤い顔や大量の汗をかいているのは、

熱中症のサインです。

涼しい場所で水分補給をし

十分な休息をとりましょう。

熱中症対策 子供を暑さから守る6つのポイント 熱中症予防グッズは

熱中症対策おすすめグッズ

冷感タオル
出典http://www.nhk.or.jp/lifestyle/article/detail/00120.html

冷感タオル

首元を冷やすことは

熱中症予防に有効です。

 

首の前面あたりの体表近くに太い静脈があり、

そこを冷やすと、冷たい血液が体の中に戻り、

体を内側から冷やすことができます。

 

水の気化熱を利用した冷感タオルは、

水につけるだけなので便利。

首に巻けば、遊ぶ時にも邪魔になりません。

冷却スプレー

瞬間的に冷却できるスプレーもおすすめ。

衣服の上から噴きかけられるものもあり、

手軽にクールダウンができます。

 

湿温度計

熱中症を予防するためには、

子どもや自分がいる場所の

気温や湿度を把握しておくことが大事です。

 

湿温度計には、熱中症指数が分かるものや、

警告サインが出るものがあるのでオススメです。

 

こまめに水分をとらせたり、

部屋を涼しくしたり、

外出を控えたりと熱中症への対策をしましょう。

コチラもチェック! 熱中症対策グッズ100均でもこんなに揃う!夏を楽しむための32選

熱中症対策 子供を暑さから守る6つのポイント 熱中症予防グッズは

まとめ

いかがでしたか。

こどもは大人よりも熱中症に、かかりやすいことがわかりましたね。

 

熱中症対策6つのポイントに気を付けながら

この夏も見守っていきましょう!

 

今は体を冷やしてくれるグッズも

たくさんでていますので、上手に活用しましょうね。

 

コチラもオススメペットボトル工作 小学生自由研究に最適百均や工作キット活用37選

 

お役に立ったと思えた方は、以下のブログランキングのバナーを
ポチッとして頂けると嬉しいです。

target=”_blank
にほんブログ村

引用元:https://medicalnote.jp

引用元:http://www.nhk.or.jp