口呼吸と鼻呼吸

普段の生活の中で

ご自身の呼吸を意識されたことありますか?

 

私はヨガをする前

自分の呼吸を

意識することありませんでした。

 

レッスンを受けていくうちに

呼吸法にはたくさん種類が

あることを知りました。

呼吸は意識して使うことで

心身をコントロールすることもできます。

 

今回は呼吸で健康になれる方法を

お伝えいたします。

スポンサーリンク

 

ヨガの呼吸法は口、鼻?【必見】毎日の呼吸を意識するだけで心身健康に!

鼻呼吸のメリット

鼻呼吸は良いとされています。

どうよいのでしょうか?

 

①鼻から息をゆっくり吐くことで、

心身の緊張をほぐす副交感神経が、

息を吸うと体を活動的にする交感神経が活性化します。

交互に行うことで

自立神経が整います。

 

②鼻から息を吸うことで、

外気の菌やウィルスが体に入るのを

鼻の粘膜や毛でブロックします。

 

③外気を一旦鼻を通すことで

温度、湿度調整されます。

冷気は、肺へ直接いかないため

肺の負担が少なくなります。

湿度は

口腔内の乾燥が防げるため

虫歯、歯周病、口臭予防になります。

のども乾燥が防げ炎症や風邪を防げます。

 

④腹式呼吸は酸素を多く

体に取り込むことができます。

代謝がよくなり、脳もすっきりしてきます。

 

心身共に良いことがわかりますね。

ヨガの呼吸法は口、鼻?【必見】毎日の呼吸を意識するだけで心身健康に!

口呼吸のメリット、デメリット

では口呼吸のメリットです。

①口呼吸は口を動かすことによって

口周り、顎が引き締まってきます。

 

②口から細く長く「シュー」と吐く音を

聞くことで集中することができます。

 

③交感神経が活性化して

頭、体がリフレッシュして体が目覚め

動く準備が整います。

 

口呼吸のデメリット

口呼吸は以下のようなデメリットがあります。

①十分な酸素が取り入れにくい

脳が酸素欠状態になり、集中力がなくなります。

 

③冷気が体に直接的なダメージを与え

冷えをもたらし、肺に負担がかかります。

 

④口腔内が乾燥し唾液が減り、

菌やウィルスが体内に入りやすくなり

のどに炎症がおこり風邪をひきやすくなります。

 

ヨガの呼吸法は口、鼻?【必見】毎日の呼吸を意識するだけで心身健康に!

鼻呼吸のポイント

深く行う鼻呼吸

が体にいいことがわかりました。

鼻呼吸をおこなう際は

ポイントがありますのでお伝えします。

【Point】

①鼻を意識すると

呼吸が浅くなります。

口を閉じのどに意識を向けてみましょう。

酸素がのどを通る音、感覚を感じると

自然に深い呼吸になってきます。

 

ヨガの呼吸法は口、鼻?【必見】毎日の呼吸を意識するだけで心身健康に!

まとめ

ヨガでは、準備の段階や、

ヨガの種類により

口呼吸が使い分けられています。

またテニス等の運動時、

集中力を高めたい時は効果的です。

 

日常生活では

腹式呼吸が心身にとても良い

影響を与えてくれるようですね。

日々の習慣で

健康な心と体を作っていきましょう!

 

お役に立ったと思えた方は、以下のブログランキングのバナーを
ポチッとして頂けると嬉しいです。

target=”_blank
にほんブログ村