Pocket
LINEで送る

ヨガという言葉には

結ぶ

交わる

つなげる

という意味があります。

 

心と身体をつなげ

心が過剰反応するのを
おさえたり

身体の不調を
コントロールするのに
役立つと
考えられています。

 

深いところでいうと

真我とつながることを

一つの目標としています。

 

真の我と常に繋がっている状態

目指しているのです。

 

自我偽我とも言われ、

本来の私ではないとされています。

 

その偽の我から、

真の我へのつながりを目指す手法として

八支則(はっしそく)

という8つのステップがあります。

 

簡単にご説明します。

 

スポンサーリンク

ヨガで精神が安定してくる!ヨガ実践における8ステップ

 

 

Step1 ヤマ(Yama) /5つの禁戒(道徳規範)

 

★行動レベル

日常生活において

すべきことではないことは

行わない。

道徳観や倫理観を

育みます。

 

非暴力、不殺生:暴力的な物事を避ける(アヒムサ-Ahimsa)

いかなる生きとし生けるものも

殺してはいけない。

 

行動、言葉、思考のレベルで

他者に暴力をふるってはいけない。

 

誰に対しても怒りを抱かないこと。

自分自身を大切にするために。

 

 

嘘をつかないこと(サティヤ-Satya)

真実をみつめ正直である

 

不盗あらゆる物事を盗まない(アスティヤ-Asteya)

他人の物、時間、信頼、権利、利益などを

盗んではいけない。

 

禁欲(ブラフマチャリヤ-Brahmacharya)

無駄なエネルギーを消費しない

生命エネルギーは

必要なところに集中させることが

禁欲の本質。

 

不貪(アパリグラハ-Aparigraha)

あらゆる物事に執着しない

必要以上に貪らない

知足です。

自らに満足感をもたらし、

寛容になると

他者から奪うのではなく、

与えることにつながります。

 

 

Step2 ニヤマ(Niyama) /5つの歓戒(生活規範)

 

★行動レベル

日常生活において

行うとよいことを

実践する。

心身の浄化を

はかるための行動規範。

 

①外面的にも内面的にも

清潔さを保つ

 

②与えられた環境・現状を

受け入れ感謝する

 

③進化を続け変化を受け入れる

 

④学びを続けることで

精神性を高める

 

⑤行動の結果にとらわれない

 

Step3 アーサナ(Asana)/ポーズ

 

★姿勢・筋骨格レベル

理想的で快適な姿勢をとる

 

身体意識や感覚を

最大限に高めることで

観察力や洞察力を養う

 

 

Step4 プラナヤーマ(Pranayama)/呼吸法

 

★呼吸・生理学的レベル

効果的な呼吸法で

理想的な呼吸を行う

 

身体のエネルギーの

調整をはかる

 

 

Step5 プラティヤーハラ(Pratyahara)/感覚の制御

 

★五感・神経系レベル

健全な感覚器官(五感)を育む

感覚を研ぎ澄まし

コントロールする

 

感覚を通じて

美しいもの

未知なもの

神秘的なものに興味を開く

 

 

Step6 ダーラナ(Dharana)/集中

 

★心のレベル

1つのことに集中し

動かさない

 

余計な考えを排除し

心を静めて集中をする

 

Step7 ディヤーナ(Dhyana)/瞑想

 

★精神レベル

1つのことに途切れずに

努力せずに集中が深まる

 

 

Step8 サマディ(Samadhi)/三昧

 

★精神レベル

集中(瞑想)している対象と

調和が生まれ

一体感を感じる

 

ヨガで精神が安定してくる!ヨガ実践における8ステップ

 

まとめ

 

【ヨガの実践における8ステップ】

 

1.5つの禁戒

2.5つの歓戒

3.ポーズ

4.呼吸法

5.感覚の制御

6.集中

7.瞑想

8.三昧

 

 

いかがでしたか?

 

難しい感じがしますが

ヨガを続けていれば

これが自然に

身についていくのです。

 

やってみると

おわかり頂けるはずです。

 

結果

何事にも振り回されない

自由な心、自分らしさを

取り戻し

精神が安定してきます。

 

幸福感です!

 

ヨガを実践する際

心にとめておくと

いいですよね。

 

 


 

 

お役に立ったと思えた方は、以下のブログランキングのバナーを
ポチッとして頂けると嬉しいです。


にほんブログ村


北九州市ランキング