テレビをつければ

毎日のように熱中症のニュース。

亡くなる方がいたり、病院に運ばれる方も。

 

私の知り合いの方も先日、

熱中症で入院されました。

 

熱中症はだれでもなり得る怖い病気。

 

この暑さで以前よりも

熱中症対策や予防法を学ぶ機会が増えてきましたが

新たな疑問がモヤモヤと浮上。

 

熱中症と脱水症状の違いは?

熱射病や日射病って?

 

う~ん、少し整理したくなってきました。

 

今回は、熱中症発生のメカニズムを知ることで

スッキリと理解を深めていきます。

 

重要なポイントがたくさんありますので、是非ご確認ください!

スポンサーリンク

 

熱中症と脱水症状の違いや熱射病・日射病・熱中症の違いもスッキリ!

熱中症と脱水症状の違いとは

出典 https://www.kakuredassui.jp

高温の環境で運動や労働を行うと、熱中症が起こります。

熱中症は

①体液の不足で起こる障害、

②体温上昇で起こる障害の総称です。

 

左の図は正常に発汗されている状態です。

高温の環境下で運動や労働を行うと体温が上がる

体温を下げるために発汗

汗は蒸発するときに気化熱を奪い、

“打ち水効果”で体温を下げる働きがある

右の図は水分不足になり汗がでない状態。

発汗で体液が失われ水分不足になる(脱水症)

栄養素、酸素、老廃物の出し入れが滞る

電解質の不足から障害が起こる

さらに発汗が続き、体液が失われだす

カラダは体液のそれ以上の喪失にブレーキをかける

発汗にストップ

発汗で体温が下げられなくなる

体温上昇で障害が起こる

発汗による体温調節機構が維持できない

カラダ中の臓器にダメージ

脳のダメージ(最も影響を受けやすいのは脳)

けいれん・意識障害が起こることも

出典 https://www.kakuredassui.jp

脱水症は熱中症の前の段階の症状。

脱水症予防をすることは、

熱中症を予防するうえでとても重要なことが

良く理解できますね!

 

熱中症と脱水症状の違いや熱射病・日射病・熱中症の違いもスッキリ!

熱中症の分類方法が変わった理由は

「熱中症」には、

「熱失神」「日射病」「熱けいれん」「熱疲労」「熱射病」

といった病態が存在します。

 

しかし、定義自体があいまいで混乱があることや

重症度を把握しにくいという問題点が指摘されていたそうです。

 

また「熱中症」は予防・早期発見・早期診断が重要。

 

専門家以外でも理解しやすい分類と

疾患概念が必要とされていたのも理由の1つです。

 

「熱中症」の新分類では、意識障害の有無などをもとに、

「現場で対応可能」「受診が必要」「入院が必要」

の3段階に単純化されるようになりました。

 

熱中症は「どのくらい症状が重たいか」という重症度により、

Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度の3つに分類されています。

出典 https://news.allabout.co.jp/articles/c/455772/

 

 

熱中症と脱水症状の違いや熱射病・日射病・熱中症の違いもスッキリ!

熱中症対策の基本は脱水症対策!

 

出典 https://www.kakuredassui.jp

熱中症には、

新分類に即した速やかな対処が求められます。

熱中症のおよそ60%はⅠ度。脱水が進んでいます。

 

体温調節機構が破綻して体温が上昇するのはⅡ度以降。

 

Ⅱ度以降は症状が重篤なので、

体温が上がらないⅠ度の段階で対処することが大切です。

 

しかもⅠ度からⅡ度、Ⅲ度にはあっという間に進行する恐れもあります。

十分な注意が必要です。

出典 https://www.kakuredassui.jp

 

熱中症と脱水症状の違いや熱射病・日射病・熱中症の違いもスッキリ!

熱中症予防は脱水症を知ることから

熱中症の予防の基本は脱水症の予防。

そのためには外的な予防と内的な予防があります。

 

外的な予防は、脱水症を起こしやすい環境の改善。

内的な予防は脱水症に対する防衛体力を養うことです。

次の表を元に予防をしていきましょう。


出典 https://www.kakuredassui.jp

 

熱中症と脱水症状の違いや熱射病・日射病・熱中症の違いもスッキリ!

まとめ

いかがでしたか。

頭の中で複雑化していた熱中症や脱水症など

整理していくうちに熱中症のメカニズムが理解できてきました。

 

予防の必要性や、1度での対処法の重要性も

再確認していただけたのではないでしょうか。

 

猛暑のピークは今と8月下旬から9月上旬。

まだまだ続くと予想されています。

油断せずお気をつけくださいね。

 

お役に立ったと思えた方は、以下のブログランキングのバナーをポチッとして頂けると嬉しいです。

target=”_blank
にほんブログ村

(引用元 https://www.kakuredassui.jp)

(引用元https://news.allabout.co.jp)