Pocket
LINEで送る

体の内側から

心身共に健やかになるには

ヨガと深く関わりのある

アーユルヴェーダとヨガを

一緒に生活の一部に

無理なく取り入れてみませんか。

 

まずは

本「やさしいヨガ」で

紹介されていた

プログラムをご紹介します。

 

時間に余裕のある休日等で

行ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク

ヨガを生活に取り入れるために②ヨガ+アーユルヴェーダの1日

起床

朝は6時までに

起床します。

 

6時を過ぎると

一日中体の重さを

感じてしまうことに。

 

アーユルヴェーダでは

日の出96分前までの時間帯を

コズミック・インテリジェンスと

呼んでします。

 

静けさの中で

冴えわたる貴重な

活動時間とされています。

 

ヨガを生活に取り入れるために②ヨガ+アーユルヴェーダの1日

舌磨き

朝起きて歯磨きをした後に

舌磨きをします。

 

専用の舌クリーナで

舌苔を優しく取り除きます。

 

☆未消化物(アーマ)

食べ過ぎや消化の停滞により

未消化物が体内に蓄積すると

いうのがアーユルヴェーダの考え方。

 

食欲不振、便秘、

舌苔が溜まる、体臭などが

サインです。

消化力維持のために

白湯を飲むのがおすすめです。

 

ヨガを生活に取り入れるために②ヨガ+アーユルヴェーダの1日

常温の水を飲む

歯磨き後、

白湯もしくは

常温の水を飲み

内臓をきれいに洗い流します。

 

レモンの絞り汁を

足しても美味しくいただけます。

 

ヨガを生活に取り入れるために②アーユルヴェーダ

オイルマッサージ

その後マッサージです。

全身が理想ですが

おすすめは

頭と耳と足の3点。

5分間マッサージしてから

5分間待ちます。

 

石鹸やボディーソープは

使わずに

温かいシャーワーを浴びます。

 

オイルマッサージ後に

体を温めることによって

体内組織にオイルが深く浸透。

 

老廃物が脈管(便)を

通して排出されます。

 

若返り、疲労回復

病気の予防効果があります。

 

ヨガを生活に取り入れるために②ヨガ+アーユルヴェーダの1日

朝ヨガ

これから活動するための

体を目覚めさせる

朝ヨガを行います。

 

太陽礼拝などの立ちポーズや

後屈系のポーズを行うと

いいですよ。

 

こちらに朝ヨガの動画があります。

朝ヨガ ストレッチ動画!朝ヨガ3つの効果と3分~時間別オススメ動画も

 

その後朝食をいただきます。

ここまでを午前中の内に済ませます。

 

ヨガを生活に取り入れるために②ヨガ+アーユルヴェーダの1日

食事について

三食のうち

昼食をしっかり食べるのが

理想的です。

 

その土地由来のもの

季節の旬のものを

楽しく食べるのがBest。

 

前向きな心の状態が

消化を助けます。

 

 

ヨガを生活に取り入れるために②アーユルヴェーダ

夜ヨガ

夕方

入浴を済ませます。

 

18時位から

夜ヨガをします。

 

これからの時間

睡眠で神経を休め

体の機能を

整えなければならないため

副交感神経を優位にする

リラックス系のヨガを行います。

 

前屈系のポーズ、瞑想も

おすすめです。

 

こちら関連記事です。

寝る前のヨガ!おすすめの動かないヨガとは?自律神経が整い安眠効果◎

 

ヨガを生活に取り入れるために②アーユルヴェーダ

食後の過ごし方

その後

夜は軽めの食事をとります。

 

夕食後は消化を促すために

15分程度の軽い散歩を行うのと

良いです。

 

食後すぐ寝ると

胃腸に負担がかかります。

 

早めに夕食を済ませ

ゆっくりとくつろいでから

眠りにつきましょう。

できれば22時までに。

 

ヨガを生活に取り入れるために②アーユルヴェーダ

まとめ

日常で気をつけたいことは

3つ。

1.リズムを守ること

起床、就寝、飲食、排泄の

時間は決まった時間に

行うのが理想的です。

 

2.運動をすること

気持ちいいと感じる程度の運動を

楽しく前向きに習慣化しましょう。

 

3.食事を大事にすること

落ち着いて適量を楽しく

頂きましょう。

和食や旬のものを中心に。

 

無理なく

できることから始めて

楽しみながら

日々の体の変化を

感じてみてはいかがでしょうか。

 

アーユルヴェーダ

マッサージの本。

 

プログラムはこちらから

引用しました。

お役に立ったと思えた方は、以下のブログランキングのバナーを
ポチッとして頂けると嬉しいです。

target=”_blank
にほんブログ村